So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

「イライラして」少年にナイフ投げつけ逮捕(読売新聞)

 宮崎県警延岡署は27日、同県延岡市長浜町、無職谷名修容疑者(31)を暴行容疑で逮捕した。

 発表によると、谷名容疑者は同日午後2時25分頃、自宅近くの通路で、友人と話していた同県門川町の少年(17)にカッターナイフ(刃渡り約7・3センチ)1本を約2メートル離れた場所から、いきなり投げつけた疑い。ナイフは少年の足元に落ち、けがはなかった。「イライラしていた」と供述しているという。

最優秀論文に「防災学習」など=東京書籍教育賞(時事通信)
<シチズン・オブ・ザ・イヤー>青森の吉島美樹子さんら表彰(毎日新聞)
<学力テスト>誤答指さし再考促す…東京・足立区立中の教員(毎日新聞)
「北限のサル」公開初日に逃走=上野動物園から6時間半(時事通信)
<補正予算案>25日採決で大筋合意 衆院予算委理事会(毎日新聞)

可視化法案、今国会で成立を=民主・平田氏(時事通信)

 民主党の平田健二参院国対委員長は22日の記者会見で、捜査当局による取り調べを録音・録画して可視化する法案について「参院として一度結論を出したことなので、再度提案することにそう異論はない。できるだけ今国会中に提出し、成立を目指すのは当たり前の話だ」と述べた。
 民主党は野党時代の昨年4月、可視化法案を参院に提出。野党の賛成多数で可決したが、衆院で審議未了のまま廃案になった。 

<JOC>東京五輪招致委の一部費用負担へ 赤字決算を受け(毎日新聞)
センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)
<加害者家族>NPO団体が調査へ 孤立の実態探る(毎日新聞)
日米安保 記念行事に300人出席 横須賀基地(毎日新聞)
地域医療再生計画「医師会の参加が大事」−厚労省有識者会議が初会合(医療介護CBニュース)

日本版フェアユースに反対=文化審小委に意見書−新聞協会など(時事通信)

 著作物の利用を著作権者の許可なく認める範囲を定める一般規定「日本版フェアユース」の導入について検討している文化審議会法制問題小委員会に対し、日本新聞協会や日本雑誌協会など6団体は20日、導入に反対する意見書を提出した。
 意見書は、新聞社などが無償でインターネットに公開しているウェブページの情報について、フェアユースが導入され、私的使用の範囲を超えて印刷することなどが可能になると、新聞社などは情報を絞り込んで提供するようになり、有用で貴重な情報が無料ページから消えていく恐れがあると指摘。ネットによる情報伝達文化の衰退につながるなどとしている。 

【関連ニュース】
「真実の言葉と文字を紡ぐ」=新聞大会が開幕
政治報道で討論会=来月21日、東京で
新聞は 地球の今が 見える窓=新聞週間標語を決定

彬子さま、英国へ出発(時事通信)
法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)
<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)
裁判員裁判「検察官の役割重大」担当検事らに法相訓示コメント(産経新聞)
<小沢幹事長>聴取後に行った記者会見の要旨(毎日新聞)

「逃げないと思う」首相、小沢氏に説明責任促す(読売新聞)

 鳩山首相は18日朝、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、「(小沢氏が)『闘う』という以上、『逃げない』と(思う)。逃げないということは国民にも必要な説明をするということだとも思っているから、その方向で理解を求めるために幹事長自身が頑張っていかれると思っている。必要なことは話されると思う」と述べた。

 小沢氏が説明責任を果たすよう促す考えを示したものだ。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 首相が検察との対決姿勢を強める小沢氏に「闘って下さい」と述べたことについては撤回しない考えを示した上で、「(検察の捜査に)介入するつもりは一切ない」と強調した。

 これに関連し、菅財務相は18日午前の記者会見で、首相発言について、「幹事長職として頑張ってほしいという趣旨で述べられたということなので納得できる」と述べ、問題はないとの認識を示した。平野官房長官も記者会見で、「行政の長が『行政と闘って下さい』と言うはずがない。党代表として幹事長職にとどまって頑張ることへの激励と了承の言葉だ」と語った。

外国人医療・介護従事者の受け入れ推進を―法相懇談会(医療介護CBニュース)
4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)
「ごめんなさい…」執拗な取り調べにすすり泣く菅家さん(産経新聞)
美少女フィギュア万引、千葉県警警部を逮捕(産経新聞)
<党首討論>補正予算の月内成立条件に開催 3与党が打診へ(毎日新聞)

橋下知事、ベトナム・シンガポールへ出発(読売新聞)

 大阪府の橋下徹知事は20日、ベトナム、シンガポール出張のため、関西空港から出国した。

 知事の両国訪問は初めてで、26日まで、在阪企業の技術力などをPRするセミナーに出席したり、リゾート施設を視察したりする。

 橋下知事は関西空港で報道陣に、「アジアでの競争に打ち勝とうとする両国の必死さを肌で感じてきたい」と語った。

阪神大震災で建物倒壊跡地 5年前とほぼ同じ(産経新聞)
帝京大ラグビー部が市長を表敬(産経新聞)
インフル定点9.18、3か月ぶり注意報レベル下回る(医療介護CBニュース)
「小沢氏、出処進退自ら判断すべき」みんなの党の渡辺代表(産経新聞)
<がん細胞>悪性化の仕組み判明 群馬大(毎日新聞)

「梁山泊」実質経営者ら逮捕=法人税4億円脱税容疑−大阪地検(時事通信)

 グループ会社の所得約14億円を申告せず、法人税約4億3000万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は19日、法人税法違反容疑で、パチンコ情報会社「梁山泊」実質経営者豊臣春国容疑者(59)=札幌市中央区=ら3人を逮捕した。
 ほかの2人は会社役員木戸英一(45)=大阪市浪速区=、同河上昌宏(55)=同市北区=の両容疑者。
 特捜部は同日、大阪国税局と合同で関係先を家宅捜索した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
「借りたカネは返すな!」著者逮捕=顧客に脱税指南容疑
「貧困ビジネス」FISの3人告発=2億円脱税容疑
成長戦略の具体策を=早期自律回復には懐疑的
11月税収25.6%減=法人税の低迷続く

小沢事件で「検察批判」の政務官らを追及へ 自民(産経新聞)
「空間」が売れる!! 短期OK 手軽に利用(産経新聞)
<エレベーター>また閉じ込め 名古屋市営地下鉄(毎日新聞)
経営規模3分の2に=借金減らし、リストラ加速−日航再生計画(時事通信)
長野の村井知事“ダンマリ戦術”の理由とは?(産経新聞)

<将棋>久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)の6連覇か、久保利明棋王(34)の奪取か。15日、徳島県鳴門市の大塚国際美術館で始まった第59期王将戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大塚国際美術館、大塚国際ホールディングス協賛、徳島新聞社など後援)。「羽生マジック」と言われる勝負術を駆使する将棋界の第一人者と「さばきのアーティスト」と呼ばれる振り飛車の達人が対決する注目の開幕戦だ。

 舞台は昨年の第1局に続き、陶板複製技術を駆使してバチカン・システィーナ礼拝堂を原寸大で再現した「システィーナ・ホール」。対局は公開され、ミケランジェロの傑作「最後の審判」の前で両雄が向かい合う姿をファンが見守った。

 振り駒は「と」が4枚出て、久保の先手番と決まった。午前9時過ぎ、久保が7六歩と角筋を開けた。

 久保は得意の三間飛車を採用した。羽生は居飛車で6四歩〜6三銀と持久戦志向の構えを取った。【山村英樹】

【関連ニュース】
王将戦七番勝負第1局 羽生・久保戦の棋譜中継はこちら

石川議員逮捕 土地購入原資「小沢氏が相続の金」(毎日新聞)
<スカイネットアジア機>車輪トラブル 手動で出し羽田着陸(毎日新聞)
民主、広がる動揺=小沢氏進退、口つぐむ(時事通信)
地盤ならではの団体? 「作る必要があったのか」裁判官が質問(産経新聞)
那覇市職員、収賄容疑で逮捕=手抜き工事見逃し数十万円−沖縄県警(時事通信)

訃報 田の中勇さん77歳=声優、目玉おやじの声を担当(毎日新聞)

 田の中勇さん77歳(たのなか・いさむ<本名・田野中勇=たのなか・いさむ>声優)13日、心筋梗塞(こうそく)のため死去。葬儀は19日午前11時半、東京都世田谷区砧2の4の27の東京メモリードホール。喪主は兄弘(ひろし)さん。

 テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじの声を、1960年代の第1シリーズ以来、2000年代の最新作まで一貫して担当した。

横領容疑で元投資会社役員逮捕=2500万円、遊興費に−警視庁(時事通信)
邦人20人、大部分は安否確認=ハイチ地震で平野官房長官(時事通信)
海自部隊に15日撤収命令=インド洋給油、新テロ特措法期限で(時事通信)
私書箱「振り込め」で悪用 相次ぐ被害 経産省が業者調査(産経新聞)
過去問、機器とも再利用=センター試験(時事通信)

<火災>別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明(毎日新聞)

 13日午後10時15分ごろ、大分県別府市光町の木造アパートから出火。強風にあおられて延焼し、アパートや民家など計25棟が全焼した。約5時間半後に消し止められたが、焼失面積は約2500平方メートルに上るとみられる。この火事で30世帯46人が焼き出され、このうち火元と見られるアパートに住む50歳代男性と隣のアパートの82歳女性と連絡が取れなくなっている。また、飛び火した同市末広町の民家1棟も全焼した。

 現場はJR別府駅から南へ約500メートルの住宅密集地。火災発生時、別府市内では18.3メートルの強風を記録した。【祝部幹雄】

【関連ニュース】
火災:大分県別府市の住宅密集地で アパートから出火
火災:父と兄弟?死亡 「助ける」小2長男引き返し 青森
不審火:県立高で運動用具など燃える 横浜
火災:住宅全焼 孫娘ら3人死亡 群馬・桐生
火災:雑居ビル焼き2人死亡 横浜

土地探しに小沢氏関与、大久保被告が案内(読売新聞)
<生物多様性年>「森は心のふるさと」C・W・ニコル氏講演(毎日新聞)
【再生の街 水谷門下生の震災15年】(下)神戸市中央区・旧居留地(産経新聞)
<クールビズ>ネクタイ業者団体が廃止要望 小沢環境相に(毎日新聞)
<外国人地方参政権>通常国会に法案提出方針…平野官房長官(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。