So-net無料ブログ作成
検索選択

鶴岡八幡宮 大銀杏に新芽…残った根の部分から(毎日新聞)

 鶴岡八幡宮(神奈川鎌倉市)は1日、強風で3月10日に折れた大銀杏(いちょう)の残った根の部分から、新芽が生えていることが確認されたと発表した。

【ニュースの第一報】鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台

 八幡宮によると、1センチに満たない青色の芽が吹き出しているという。3月16日に倒れた大銀杏の幹を本殿に続く石段脇に植え付け、同18日には、幹や残った根の部分の再生を願う神事が行われた。境内に設置した記帳台には1日までに、2万5000人が記帳しているという。【吉野正浩】

【関連ニュース
【鶴岡八番宮の現場に行ってみた】イチョウは手品師?
鶴岡八幡宮:大銀杏の植え付け作業終わる
鶴岡八幡宮:大銀杏、無事に育って 一般公開−−神奈川・鎌倉
鶴岡八幡宮:大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待

<普天間移設>県内2案提示へ 一部「県外」とセット(毎日新聞)
事業者にアイデア募集 公園跡地で橋下知事(産経新聞)
井手元会長ら3人強制起訴へ=検察審査会が議決−JR福知山線脱線事故・神戸(時事通信)
有珠山 噴火から10年 洞爺湖町などでイベント始まる(毎日新聞)
<乳児遺体>37歳女を遺棄容疑で逮捕 プランターに埋める(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。